表参道・白金台・目黒・文京茗荷谷・四谷の学童保育

プログラミング教室

すべてのこどもたちにコンピューターサイエンスを

Computer Science for ALL
2016年1月、当時のオバマ大統領が、
これからのデジタル経済時代を生き残っていくためには すべての人がプログラミングを含めたコンピューターサイエンスのスキルが必要になると 大方針を打ち出しました。 日本でも、文部科学省が、早期からコンピューターに触れることを通じて プログラミング思考を身につけることを目的として 「2020年より小学校におけるプログラミング教育を実施する」と発表しました。

ビジネスの世界でも、経営層、マネジメントは、エンジニアとしてのスキルはなくても、コンピューターが
どういう仕組みで動き、どのようにプログラムを書き、何を生み出せるのかという メカニズムの根本を押さえているのは重要です。 重要なのはみんなががプログラマーになる必要はないですが、 プログラミングを学ぶことで、ある視点からの思考方法を学ぶ。 これが、こどもクリエ塾が提供するプログラミング教室の考え方です。

カリキュラムと身につく力

  • カリキュラム全体を通して、考える時間を多く設け「考える力」の育成に重きをおきます。 パソコン初心者でも段階的に学ぶことで、最終的には自分で改造を考えて作成するレベルまで育てます。

<ベーシックコース>
STEP1.パソコンツールの基本操作を習得

Scratchの基本的な使用方法を学習し、本編の授業に備えます。 こどもの興味をひくような「謎解き」をするところからスタート。 初めてパソコンやキーボードに触れるこどもでも、 スムーズに操作できるようになります。

身につく力:ITスキル、集中力

STEP2.プログラムを作成
プログラムを作成しながら学ぶ実践型カリキュラム。 「やればできる!」という成功体験をこどもたちに
与え、自信を育みながらプログラミングに慣れていただきます。

身につく力:ITスキル、思考力

STEP3:プログラムの改造検討と作成
プログラムを自分なりに改造。 プログラミングで目標を達成する体験をします。 改造内容を自分自身で
検討するなど、「考える」機会を設けます。

身につく力:思考力、判断力

STEP4:改造内容の発表
プログラムを改造するときに検討した内容や選択理由、解決方法などを みんなの前で発表をします。
自分なりの意見や意識をもつことで、 考える力や人に分かりやすく伝える力、表現力を身につけます。

身につく力:表現力、主体性

※1年間のベーシックコース修了後は、本格的なプログラミング言語を学び
アプリやゲーム開発を行うミドルコースに進級いただけます。
※カリキュラムは、1サイクル3か月をかけて学びます。

開設クラス

表参道校 第2・4土曜日 13-14:30時開催
茗荷谷校 第1.3土曜日 13-14:30時開催

※対象は小学生3年生以上となります。
※教室を行き来しての、お振替は事前予約のうえ可能です。

学費

<入会時のみ>
入会金 10,000円(税別)
教具代  2,000円(税別)

<月額>
授業料 9,000円(税別)
材料費  600円(税別)
施設料  700円(税別)

開催スケジュール

スタート月 4月、7月、10月、1月

表参道校

茗荷谷校

詳細について

ヒューマンキッズページへ

お問い合わせ・エントリー

 
ページトップに戻る