表参道・白金台・目黒・文京茗荷谷・四谷の学童保育

スクールスタッフ紹介

主宰者 遠藤 奈央子(えんどう なおこ)

(株)リクルートにて、人材採用と教育、組織変革を提案する法人営業を担当する。2003年には大手金融機関に対してダイバシティー推進を提案し、 時代に先駆けて業界全体の人材モデル改革へ繋がる事例となる。その後、大学と専門学校に対する組織改革コンサルティングを担当。2007年よりIBMビジネスコンサルティングサービス(現 IBM)戦略コンサルタントとして、省庁や大手グローバル企業の組織変革に従事。某金融機関 500億円のシステムプロジェクト PMO担当としてプロジェクトをリード。学童指導員や理科実験教室教員経験を経て、2011年4月こどもクリエ塾を設立。
実母は高校教師を経て学習塾を30年間経営、実妹はチェロ指導者。
出身母校は、「米百俵の精神」で有名な長岡市立阪之上小学校、新潟県立長岡高等学校

株式会社ビジョンゲート設立 代表取締役
1997年 同志社大学商学部卒業
2005年 CCE,Inc 認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー 資格取得
2006年 チャイルドマインダージャパン®  / チャイルドコーチング® 資格取得

スーパーバイザー 上杉 賢士(うえすぎ けんし)

千葉大学 教育学部 大学院教育学研究科 教授
20数年にわたる小学校教員経験を経て現職となる。早くから、 「エドビジョン型プロジェクト・ベース学習」の成果に注目し、10年にわたって現地での定点観測と研究を行う、プロジェクト・ベース学習に関する研究の第一人者。著者には、『学びの情熱を呼び覚ますプロジェクト・ベース学習』(学事出版)等 多数。

 

英会話専属講師 Raymond John(レイモンド ジョン)

1989年に大学の交換留学生として来日。1991年より20年間、英語教育のフィールドに従事。日本文化と日本語にも精通し、英語教師としてテレビ番組出演や、セミナーやイベントでの通訳経験をもつ。現在は、日本人の奥さんと3歳の息子と一緒に目黒に在住。趣味は、ゴルフ、旅行、映画。

常駐スタッフ

  • 元 幼稚園・小学校・中学校 教員
  • 現役 小学校 専門講師
  • 子育て経験のあるワーキングマザー ほか

万全の体制でお子様をお預かりさせていただきます

ページトップに戻る

ゲスト講師・専門家紹介

読み・書き・発表コース

笈川 義和(おいかわ よしかず)さん
劇団 ぐるうぷ観覧車 主宰者
東京都出身。音声表現を学び演劇活動の中で実践し、各地で公演。ボイストレーナーとして表現指導や読み聞かせの実践講座などに実施。これまでに、身近にその迫力ある演出に、こどもたちはもちろんのこと、多くの観衆を魅了してきた。
読み聞かせについては、『日常体験することはないだろう物語の世界に触れ、「想像」することの楽しさや、「夢をおう」ことのすばらしさを獲得できれば、いつでもどんなときでも「困難」を自分で突破できる力が養われる』をモットーに取り組む。
港区主催の読み聞かせボランティア講座 「読み聞かせのためのボイストレーニング」専任講師としても従事。

常見 陽平(つねみ ようへい)さん
株式会社クオリティ・オブ・ライフ チーフプランナー。実践女子大学非常勤講師
北海道札幌市出身。一橋大学卒業後、株式会社リクルート入社。とらばーゆ編集部、トヨタ自動車との合弁会社株式会社オージェイティー・ソリューションズなどを経て、大手メーカーに移り新卒採用を担当。2009年より人材コンサルティング会社の株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。2010年より実践女子大学非常勤講師を兼務。幼稚園時代、七夕のたんざくに「しょうらいはほんをだしたいです」と書いた夢を叶え、2010年12月現在、商業出版で13冊を発表。月に8本の連載を抱える。自身のブログ『試みの水平線』を毎日更新し、日々の想いを綴っている。

柏木 陽(かしわぎ あきら)さん
NPO法人演劇百貨店 店長/代表理事

桐朋学園短期大学演劇科卒。劇作家如月小春主催の劇団NOISEに所属。
如月の元で俳優、ワークショップアシスタントとして活動。
如月小春が2000年に死去し、彼女のワークショップ活動を継続するために演劇百貨店を立ち上げた。

南波 圭(なんば けい)さん
NPO法人演劇百貨店 役員

大西由紀子と桐朋学園短期大学演劇科の同期生、青山は1学年下。
南波圭、青山は大西と同様に桐朋学園時代に如月小春の指導を受け、
卒業後は俳優活動をしながら如月小春のアシスタントを務めていた。
柏木が立ち上げた演劇百貨店に参加し現在は役員をしている。

いけだとも実 (いけだ ともみ)さん
NPO法人演劇百貨店 ワークショップ進行・俳優

1986年12月6日横浜生まれ。
高校在学中に演劇百貨店のワークショップを受ける。
卒業後、演劇百貨店の活動に関わりつつ、2005年に劇団くろひげ(現くロひげ)を立ち上げる。
小中学校や各地の劇場での演劇ワークショップ進行役のほか、
俳優としての活動は2011年 映画「重なり連なる」(監督:池田千尋)への出演、
2013年 日韓共同プロジェクト「つれなくも秋の風」への出演などがある。
2014年より神奈川県立麻生総合高等学校にて非常勤講師として演劇の授業を担当する。

大西 由紀子(おおにし ゆきこ)さん
NPO法人演劇百貨店 ワークショップ進行・演出
桐朋学園短期大学部芸術科演劇専攻に入学し、蜷川幸雄、木村光一、岡安伸治、故・如月小春各氏の指導を受ける。
その後、如月小春氏、正嘉昭氏などが担当するワークショップの現場で活動し、積極的に子どもと向きあう。近年の主な活動に、世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館「みんなでワッショイ!大きな大きな大蛇を作ろう!」、渋谷区立臨川小学校演劇フェスティバルに向けた演劇の授業、世田谷区内、横浜市内の小学校における授業など。
また2007年度より神奈川県立麻生総合高校で非常勤講師として演劇の授業を担当している。

【NPO法人演劇百貨店】
1999年に活動を開始し、2003年にNPO法人格取得。東京・世田谷に本拠地を置き、全国の劇場、児童館、美術館、学校で演劇やアートの可能性を拡げる活動を継続。一般の人たちと演劇が出会う場所を《参加型》《ワークショップ》で実現している。
《ファシリテーター班》は、演劇創作のプロセスを重視した演劇ワークショップを各地で展開。《企画・制作班》は、演劇やアートの教育普及事業の基盤強化を目指して活動中。

今井 卓(いまい すぐる)さん
テーマパークにおいてアトラクションキャストを経験後、インフォメーション部門を担当。従業員のリーダー、トレーナー業務を経て、1999年よりディベロッパーにてテーマパーク、複合商業施設などの立ち上げに参加。2003年からは複合商業施設のマネンジメント部門に勤務し、施設内スタッフ(店舗、ホテル、警備、清掃など)のサービスマインド研修を担当。
働く意義と働く楽しさを再確認してもらう事をモットーに、2010年12月現在、総受講者数約1万2千人、約700クラスを実施。その他、社員研修、新人研修、障害者応対研修などの企画立案及び講師を担当。

 

社会・産業コース

田中 達也(たなか たつや)さん
株式会社 リクルートメディアコミュニケーションズ インナーコミュニケーションコンサルタント・シニアクリエイティブィレクター
大阪府出身、大阪外国語大学中国語科卒、リクルート入社、元就職ジャーナル編集長。
求人広告・ブランディングの制作、求人メディア・イベントの企画設計など、人と組織に関するコミュニケーションに入社以来一貫して関わる。2008年、インナーコミュニケーションサービスを立ち上げ。経営と社員を結び、一人ひとりの中にあるDNAと、ありたい姿を引き出す「従業員巻き込み型」のコミュニケーションを実践。「人が動く、行動化コミュニケーション」に取り組む。
※2児の父として、子育てには全力で関わり、泥だらけになって半径5キロ圏の公園を制覇。絵本は個人の趣味も兼ねて300冊をそろえ、毎晩読み聞かせてました。「おおはくちょうのそら」「ごろはちだいみょうじん」などは、いつも感極まって家族で涙したのが懐かしい経験です。

国会議員
国をつくる仕事に全身全霊をかけて取り組んでおられる方です。プロフィールはお待ちください。

 

グローバルコース

三谷 千花(みたに ちか)さん
青年海外協力隊、青少年活動隊員として2008(平成20)年1月〜2010(平成22)年1月の2年間、イエメンの首都サナアにあるイエメン日本友好協会(Yemeni-Japanese Friendship Association)にて活動。日本のあそびや文化講座、日本語講座を担当。現地小中学校への出前日本語・日本文化講座や、現地スタッフ、JICA、現地大使館ととともにジャパン・ウイーク、日本語スピーチ・コンテスト等のイベントを実施。勤務先アサヒビール(株)で国内及び海外営業、出向先Asahi Beer U.S.A社(米カリフォルニア州)でマーケティングを担当し、現在はグループ調達部に所属。協力隊には同社休職制度により現職参加。

水野 文也(みずの ふみや)さん
ロイター記者。神奈川県立光陵高等学校卒業、横浜市立大学商学部卒業、業界紙記者、ラジオ番組解説者などを経て、ロイター通信(現トムソンロイター)入社。経済担当の記者として、政治家、官公庁、企業などを幅広く取材。現在は専門プロジェクトの責任者・コーディネーターを務めるとともにコラムなどを執筆している。

在日大使
どの国の大使館を訪問するかは、当日クラスで発表します。お楽しみに!

 

アートコース

道倉 美帆(みちくら みほ)さん
専任講師
道幼少期より絵画を学び、女子美術大学付属高校卒業後は東京芸術大学に進学。
東京芸術大学院 美術研究科 修士課程修了、および研究室 研究生修了。
卒業後は美術予備校講師、中学校美術教師、ヨーロッパでの美術修業を経て現在フリーランスで活動。
制作の傍ら根津で絵画教室アトリエDepot.を主宰。
最近では人に教えることを通じて、「敷居の低い身近なアート表現」のニーズを実感し、日々新たな表現方法にチャレンジ中。

生石 まり子(おいし まりこ)さん
1997年より、コンピューター・ミュージック、音楽・リトミック・アート教室講師としてキャリアをスタートさせる。
近年は、子どもの創造力を育てる表現活動を中心に、こども・幼児を対象としたクラフト&リトミックなど複合的なアート教育にも従事。
また、母として、幼稚園・小学校の受験・入学を経験。
私立小学生の息子をもつワーキングマザーとして自身のワークライフバランスの追及を日々奮闘中。

松井雄一郎(まつい ゆういちろう)さん
デザイナー
1979年 東京生まれ。2002年 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。
2003年~4年 勝井デザイン事務所スタッフとして『土の記憶』 などの制作に携わる。
2005年よりフリーランスとして活動を始める。また同年より武蔵野美術大学大学院にて、 コミュニティにおける視覚情報を介した対話と学習について研究。
2009年より武蔵野美術大学非常勤講師。
「創造的で生き生きしたコミュニケーション」のためにグラフィックデザイン、編集、ワークショップ企画や ファシリテーションなどの様々手法を用いて活動を展開。

理科実験教室

蛭間 芳樹(ひるま よしき)さん
09年、東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤学卒業(修士)。
専門:都市災害軽減工学と金融。
研究テーマは、組織の危機対応、災害情報マネージメント、災害医療、日本社会に適したBCP/BCM、防災格付/BCM格付、 リスク・ファイナンス、企業の危機管理経営、レジリエンス、首都直下型地震対策、次世代型防災教育など。

所属:
・国内金融機関
・東京大学生産技術研究所 協力研究員
・世界経済フォーラム(ダボス会議)のリスク・レスポンス・ネットワークのパートナー。
・蛭間防災塾~あなたは地震から、家族、恋人、そして自分自身を守れますか?~
・日本元気塾(米倉誠一郎塾:個の確立とイノベーション)第1期生
・ホームレスが選手のサッカー日本代表チーム「野武士JAPAN」監督
・子どものためのジャズコンサート等を企画運営するNPO「Kids Fun」副理事長。

ページトップに戻る

安全・安心への取り組み、各種サービス

【安全・安心への取り組み】

  • セキュリティシステムを学校内部に導入します。
  • お子様の入室・退出時は、保護者様にメールでお知らせいたします。
  • 病気や大きな怪我の場合、すぐに保護者の方に連絡いたします。
  • 保護者の方のご了解を得て、広尾都立病院等の周辺医療機関まで迅速にお連れいたします。原則としては、投薬は保護者の方からの投薬指示がある場合のみ対応します。診療にかかる費用、移動費用(スタッフ分含む)は保護者の方のご負担となります。
  • 擦り傷・切り傷等の簡単な応急処置は、小児国際救急救護法を学び、小人、乳児、成人のCPR、AED、その他応急手当ての訓練を受けた常駐スタッフが対応します。
  • お子様の万一の場合に備えて、すべてのお子様が傷害保険に加入します。

    死亡保険金額  3,000千円
    後遺障害保険金額  傷害の程度に応じて死亡保険金額の3-100%
    入院日額(180日限度)  5,000円
    通院日額(90日限度) 3,000円
    ※傷害保険は治療費の全額が補償されるものではなく、治療日数に対して一定金額の保険金が支払われます。

【食事について】

  • 夕食は、夜6時半に、希望者の方のみ有料にて提供いたします。
  • メニューは、管理栄養士が作成し、学校内部にて調理し、出来たてのご飯を頂きます。

【送迎について】

  • 小学校からこどもクリエ塾へ、またはこどもクリエ塾からお稽古事、こどもクリエ塾から自宅への送迎は有料にて承っております。個別に見積もりと送迎員を手配をいたしますので、事前にご相談ください。
  • ご自身でファミリーサポート、民間の送迎員等を手配いただくことも可能です。その場合にも、お子様の万全な安全のため、連携の上で、保護にあたらせていただきますので事前のご連絡をお願いいたします。

【保護者の方とのコラボレーションの取り組み】

  • 希望する方とは、月に1度保護者面談を行い、毎日の中ではお話ししきれないことや、ご相談などございましたら、お話しさせていただきます。
  • 臨床心理士によるペアレント・トレーニング等、保護者の方が、子どもと一緒に考え、学びをサポートするために役立つワークショップ開催を定期的に実施します。

お問い合わせ・エントリー

 
ページトップに戻る